<   2018年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

この時期少しづつ暖かくなって、桜開花の季節に入ると太公望たちは水辺の思いに気持ちが走ってしまいます、禁漁期間が終了して待ちに待った解禁日にはいつもの岸辺に直行ですね。まだまだ、水温も低くてお魚さんも動き緩く、やる気も出ていない訳ですが・・・。
d0283357_21243369.jpg
d0283357_21245521.jpg
岩手県からこちら福島県に越して来て早一年、二回目の渓流釣行のシーズンですが、まだまだ渓流釣りの可能でお鱒さんと出遭える清流は多くは見つけられません。この毛鉤釣りという釣りの対象魚が、上流域の水質良好の岸辺にしか生息しない「岩魚」や「山女魚」に遭えることの難しさこそが、コツコツ足で稼ぐ地道な釣りと言えるかもしれません。
特に福島原発の事故により長く禁漁だった河川も少しづつ釣りが出来るようになってきました。でも、ほんの一部の河川でしか遊漁することができません。残念ですね、そんな一部の遊漁可能な浜通りの河川に行ってきました。解禁日にまだまだ水温が身に染みる岸辺でしたが久しぶりにいい汗を流してきました。
d0283357_21493991.jpg

d0283357_21503914.jpg

d0283357_21512362.jpg

d0283357_21515462.jpg

この時期の成魚放流の個体でしょう、あと数か月生き残って成長して再会したいものです。この日の釣果はこのサイズの小柄なヤマメが数匹出遭えましたが、それ以上の大きさではありませんでした。次ぎの出遭いにリリースしながら「ありがとう」とお別れ。元気いっぱいでした。





[PR]
by jarrett_night | 2018-04-20 22:03 | Flyfishing | Comments(0)
郡山市街地に位置するこの麓山公園は旧二本松藩士・丹羽長祥公の馬場跡といわれ、安積開拓の歴史を偲ぶ「麓山の滝」が復元され現在市民の憩いの公園として親しまれています。
d0283357_15563286.jpg
d0283357_15565801.jpg
d0283357_15572531.jpg
d0283357_15574528.jpg
d0283357_15580632.jpg
d0283357_15582789.jpg
d0283357_15585440.jpg
d0283357_15591658.jpg
d0283357_15594332.jpg
d0283357_16001018.jpg
d0283357_16003505.jpg
d0283357_16015726.jpg
d0283357_16022874.jpg

この麓山公園は時の豪商・阿部茂兵衛を中心に安積疎水に貢献した商人たちによって作られた公園だそうです。そして後に復元された「麓山の滝」を中心に整備され平成14年に「安積疎水麓山の飛瀑」(あさかそすいはやまのひばく)として国の登録有形文化財になっております。そして、ここ郡山市を語るには避けて通れない「安積疎水」の歴史のここがスタート地点かも知れません。この公園の近郊には多くの文化的施設、歴史背景に極めて有意義な博物館等が隣接されています。少しずつ時間をかけて散策していくのも宜しいかもですね。・・







[PR]
by jarrett_night | 2018-04-14 22:57 | History & Historic | Comments(0)
郡山市郊外、大槻町から須賀川市長沼町方面に県道を走っていると突然視界に広がる長い桜並木。以前から時折目にしていた名所看板についつい寄り道訪問です。須賀川市との境に流れる笠原川に植えられた約1000本の桜並木は極めて圧巻、まさに今が満開を迎えようとしていました。
d0283357_01073522.jpg

d0283357_01084089.jpg

d0283357_01090260.jpg

d0283357_01100658.jpg

d0283357_01103793.jpg

d0283357_01110130.jpg

d0283357_01113363.jpg

d0283357_01120128.jpg
d0283357_01133366.jpg
d0283357_01140218.jpg
d0283357_01144785.jpg
d0283357_01154137.jpg
d0283357_01160097.jpg
本日10日の午後、日差しが傾むいた小一時間の散策でした。もう少し陽射し強ければ桜並木も鮮やかに残せたかも。これこそ地元の住民の皆さんのの努力の賜物、整備された往復路4キロメートルはこの季節の遊歩道ではピカイチの100点満点です。今月中旬までが見頃です。
是非是非・・・。







[PR]
by jarrett_night | 2018-04-11 01:26 | Nature 花々 | Comments(0)
郡山市逢瀬町、逢瀬川沿いに植えられた桜並木がいま少しずつ見頃を迎えようとしています。地元の皆さんと仲間たちが目指した「逢瀬さくらの里」つくりの活動。近郊の「逢瀬公園」と合わせて今郡山の桜の名所に生まれ変わろうとしています。

d0283357_22491811.jpg

d0283357_22502116.jpg
d0283357_22514616.jpg

d0283357_22524486.jpg
d0283357_00412785.jpg
d0283357_00420897.jpg

d0283357_00423325.jpg
d0283357_00431506.jpg
d0283357_00434059.jpg

d0283357_00441220.jpg

里川のせせらぎに色爽やかな桜の並木、地元の有志の方々の思いが実る時町全体をさくらの里にしたいという思いが実るときと思います。今後も郡山市民の憩いの里川「逢瀬川」の桜並木に育ってほしいものです。・・








[PR]
by jarrett_night | 2018-04-07 00:56 | Nature 花々 | Comments(0)
近郊の公園の桜もやはり開花してますね。先に訪れた大槻公園の帰り道微かに見える開花の情景についつい釣られて公園巡り。遊具施設で遊ぶ子供たちを囲む桜並木の花びら、気温も上昇して初夏を思わせる午後のひと時、良い季節になりました。
d0283357_16345239.jpg
d0283357_16351779.jpg
d0283357_16355081.jpg
d0283357_16361581.jpg
d0283357_16364973.jpg
手ごろな広さに野外BQQ施設の充実など、手軽にアウトドアが楽しめる「浄土松公園」は遊歩道の散策から県の天然記念物指定の「きのこ岩」と松の緑色との相乗効果に「陸の松島」とも表現されています。公園入口の小さな東屋、日本庭園の趣きを感じさせる小さな清流には春訪れ、初夏の水辺に咲き誇る「水芭蕉」も今が旬、小さな可憐な白色の花びらが視界に入ります。

d0283357_16550686.jpg
d0283357_16560820.jpg

d0283357_16554169.jpg

d0283357_16565704.jpg

d0283357_16584038.jpg

d0283357_16590324.jpg

d0283357_16592754.jpg

d0283357_17000600.jpg

この週末(6日~7日)が見頃でしょうか?、まだつぼみの部分が残されていますので今週から第二週までがピークかも知れません。ちょっと天気が心配ですが・・・。








[PR]
by jarrett_night | 2018-04-06 00:27 | Nature 花々 | Comments(0)
郡山近郊桜前線、いよいよもって開花のシーズンインのようです。この数日(4月4日)の気温上昇に一気に開花していくようです。多分この週末辺りから見頃に突入でしょう。少々土曜日の天候が心配ですが・・。
d0283357_00105180.jpg
d0283357_00112941.jpg
d0283357_00115988.jpg
d0283357_00122644.jpg
d0283357_00125546.jpg
d0283357_00131578.jpg
d0283357_00140457.jpg
d0283357_00134470.jpg
d0283357_00154939.jpg
気の早い皆さんはBBQで盛り上がっているようです。この週末は賑わうでしょうね、全体的には八分咲来週いっぱい大槻公園の周回路は桜の花で囲まれているでしょう・・。








[PR]
by jarrett_night | 2018-04-05 00:26 | Nature 花々 | Comments(0)
三崎公園マリンタワーの散策の帰り道ちょっと「アクアマリンふくしま」へ突撃です。今更でもない気分ですが今どきの水族館を見学してきました。昔々の想い出と比較にならない近未来的建造物に少々戸惑いながらものんびり見学見聞であります。
d0283357_00253044.jpg

d0283357_00314089.jpg

d0283357_00324180.jpg
海岸沿いに建てられた当施設は地上4階建て、野外から始まり約15部のテーマで分けて展示されており、きわめて効率的に楽しめる空間でした。
d0283357_00430221.jpg
d0283357_00432257.jpg
d0283357_00434136.jpg
館内最初のテーマ「海・生物の進化」・・・
d0283357_00455121.jpg
d0283357_00464614.jpg
d0283357_00470652.jpg
「シーラカンスの世界」
d0283357_00505802.jpg
d0283357_00512474.jpg
d0283357_00522467.jpg
d0283357_00524661.jpg
d0283357_00534368.jpg
d0283357_00540208.jpg
d0283357_00542444.jpg
d0283357_00552387.jpg
d0283357_00560128.jpg
d0283357_00562267.jpg
「ゴマフアアザラシの赤ちゃん」が・・?
d0283357_00585075.jpg

じっくり見学・観覧していますとすっかり時間を忘れてしまいます。目安では1時間30分から3時間とのパンフの案内ですが屋内、野外の全施設を満喫するには丸一日遊べるような規模ですね。子供達から大人まで本格的な水族館として楽しめます。オマケに途中退館して、隣接するSCでの買い物や食事、三崎公園を散歩して、気分を変えての水族館再入館も可能な為、じっくり時間をかけて見学・観覧がでます。展示テーマが多数なのでBLOGには収まりません・・。







[PR]
by jarrett_night | 2018-04-02 20:21 | Nature 水辺 | Comments(0)

画像で綴る日々の出来事、趣味の世界、岩手県より福島県へ移住、郡山市より発信しています。


by 釣人太郎