清流のしずく・・「早春の山女魚と再会」

この時期少しづつ暖かくなって、桜開花の季節に入ると太公望たちは水辺の思いに気持ちが走ってしまいます、禁漁期間が終了して待ちに待った解禁日にはいつもの岸辺に直行ですね。まだまだ、水温も低くてお魚さんも動き緩く、やる気も出ていない訳ですが・・・。
d0283357_21243369.jpg
d0283357_21245521.jpg
岩手県からこちら福島県に越して来て早一年、二回目の渓流釣行のシーズンですが、まだまだ渓流釣りの可能でお鱒さんと出遭える清流は多くは見つけられません。この毛鉤釣りという釣りの対象魚が、上流域の水質良好の岸辺にしか生息しない「岩魚」や「山女魚」に遭えることの難しさこそが、コツコツ足で稼ぐ地道な釣りと言えるかもしれません。
特に福島原発の事故により長く禁漁だった河川も少しづつ釣りが出来るようになってきました。でも、ほんの一部の河川でしか遊漁することができません。残念ですね、そんな一部の遊漁可能な浜通りの河川に行ってきました。解禁日にまだまだ水温が身に染みる岸辺でしたが久しぶりにいい汗を流してきました。
d0283357_21493991.jpg

d0283357_21503914.jpg

d0283357_21512362.jpg

d0283357_21515462.jpg

この時期の成魚放流の個体でしょう、あと数か月生き残って成長して再会したいものです。この日の釣果はこのサイズの小柄なヤマメが数匹出遭えましたが、それ以上の大きさではありませんでした。次ぎの出遭いにリリースしながら「ありがとう」とお別れ。元気いっぱいでした。





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by jarrett_night | 2018-04-20 22:03 | Flyfishing | Comments(0)

画像で綴る日々の出来事、趣味の世界、岩手県より福島県へ移住、郡山市より発信しています。


by 釣人太郎
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30